我が家の愛犬に毎月与えるフィラリア薬について

 

我が家では犬を飼っています。女帝になるにはまず家族の一員であるうちのワンコも美しくなければいけません。

 

そのためにしっかり愛犬の健康管理も行っていかなければいけないのです。

 

室内犬なので家の中で過ごすことが圧倒的に多いですが、毎日散歩に行っているため外部と接触する際の対策が必要になります。

 

その対策の一つがフィラリア薬です。蚊が飛来する時期になると毎月一回必ず投薬することが義務づけられているので、まず毎年4〜5月頃に血液検査を動物病院で行って、陰性であることが証明されたら6月頃から投薬を開始します。

 

いつも通っている動物病院でも、愛犬の検査の後6月から12月のおよそ7ヶ月間毎月薬を貰っています。

 

フィラリア薬にもいろいろな形があり、現在の動物病院に通う前の別の病院では粉末タイプの薬を貰っていました。ドッグフードに振りかけて少し水を入れて馴染ませてから与えるというやり方で行っていましたが、水に溶けた薬がお皿に残ってしまい、それをかき集めて与えるのにいつも手間取っていました。

 

粉末なので愛犬がむせてしまうこともあり、そのせいかあまり粉末タイプに良いイメージはありませんでした。

 

 

現在の動物病院になってからは、サイコロ状の肉団子タイプのフィラリア薬を貰っています。このタイプになってからは俄然愛犬へ与えることが楽になりました。

 

味や匂いが肉団子のもののように愛犬が感じているのか、いつも一口でパクッと食べてしまいます。毎月のフィラリア薬をあげる日を覚えているのか、日にちが近づいてくるとソワソワして楽しみにしています。

 

ここまで美味しそうに食べてくれて、しかも楽しみにしている反応を見られるとは思っていなかったので、飼い主としてもとても嬉しいですし投薬が楽でありがたいです。
最近はこの肉団子タイプだけでなく、注射でのフィラリア薬を動物病院で勧められました。

 

しかし、我が家の愛犬は肉団子タイプをとても気に入っているのと、注射は可哀相で出来るだけ避けてあげたいという想いもあるため、今後も肉団子タイプのフィラリア薬で投薬を続けて行きたいと考えています。

 

愛犬の身体をいつまでも健康な状態に保ち続けるために、行うべきフィラリア対策はきちんとやらなければいけないと思っています。